何が違うの? メンタルトレーニングと心理カウンセリング。

「メンタルトレーニングと心理カウンセリングって、何が違うのですか?」というご質問をしばしば頂きます。今回は簡単にですが、このご質問にお応えしたいと思います。冒頭の図をご覧いただきながら、読み進めて頂くとわかりやすいと思います。

メンタルトレーニングと心理カウンセリングでは、それぞれ扱う心の領域が異なります。心理カウンセリングで扱う心の領域は心のバランスが平常よりもマイナスの時、メンタルトレーニングで扱う心の領域は心のバランスが平常よりもプラスの時が一般的です。

悩みや苦しい気持ちで心のバランスがマイナス方向に行っている状態を平常に戻すことが心理カウンセリングで、心のバランスをプラスに保ち、自己実現や目標達成に向けての心のトレーニングをすることがメンタルトレーニングなのです。

なお、心理カウンセリングでは心の負荷を取り除くために様々なサポートをしますが、メンタルトレーニングでは本番の試合や試験を想定してスキル練習や模擬テストを行うなど、負荷をかけた状況を意識的に作り出していくこともあります。

また、メンタルトレーニングで結果を出すためには、マイナス方向に行ってしまったクライエントの心のバランスをフォローするため心理カウンセリング的アプローチが重要になることも多々あります。

メンタルトレーニングも心理カウンセリングもそれぞれの領域で心のバランスを良い状態に持っていくために有効な方法であると当オフィスでは考えています。

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
私共にも何かお役に立てることがあると思います。
お問合せなどございましたら、お問合せフォームからお気軽にお寄せください。