集中力の向上法やプレッシャーへの対応策を知りたい

集中力の向上法やプレッシャーへの対応策を知りたい

【ケース:重要なポイントでダブルフォールトをしてゲームの流れを壊してしまうと悩んでいるアマチュアテニスプレーヤーの20代女性からのご相談】

高校では部活動、大学では競技系サークルでテニスを続けてきたが、社会人になってからは自分の都合で予定をたてやすい近隣のテニス大会・女子シングルスに出場するようになった。高校時代から感じていたことだが、自分のサービスの時にプレッシャーの掛かるポイントが来るとダブルフォールトをしてしまい、ゲームの流れを壊してしまうと感じることがちょくちょくあった。また、ゲーム中疲労してくると、なぜか単調なプレーからポイントを落とすことが多くなり、集中力が切れてしまう。こんなことからプレッシャーの掛かる場面での対応策や試合中に集中力を保つ方法について知りたいと思っている。

☆期間・報酬(消費税抜き)
期間:6か月間(2週間に一度のペースで12回(90分/1回))

報酬:300,000円(1月あたり50,000円。90分のメンタルトレーニングを全12回)

※当オフィスの概要やメンタルトレーニングに関するご説明の時間に、料金は発生いたしません。

ステップセッショントレーニング・プログラムの内容等
1回目ガイダンスまずは当オフィスの概要や提供できるメンタルトレーニングに関する簡単なご説明等をさせて頂きました。講演会等の教材のレジメを用いて、メンタルトレーニングの基本と概要等についてレクチャーさせて頂きました。
ガイダンス後、今後メンタルトレーニングを実施するか、期限はいつまでにするか等、基本的な事項を女性とメンタルトレーナーとで協議した結果、メンタルトレーニングを行うことを女性はお決めになられました。
1月目継続契約(ステップ1)
女性とメンタルトレーナーが会話をすることによって、次の内容について、一緒に考え、一つずつ確認、整理していきました。
・現在の悩み、・目指している目標(なりたい自分)、・期限(いつまでに)、・その理由(なぜか)等
上記の内容を確認、整理した後、それに応じたメンタルトレーニングのプランをメンタルトレーナーが立案しました。
2月目継続契約(ステップ2)
緊張やプレッシャーに負けず、いつも最大限の集中力を出すために、最先端かつ世界基準レベルのイメージトレーニングの習得するため、基本的スキルの練習を開始しました。
3月目継続契約(ステップ3)
メンタルトレーナーが練習や試合に同行し、試合等における女性のメンタルの状態を観察、分析するとともに、女性のモチベーションを高めたり、結果の出せるメンタリティに調整するための心理的サポートをさせて頂きました。
4月目継続契約(ステップ4)
女性にこの3か月の練習や試合で自分なりに気づいた点について、メンタルトレーナーにお話して頂きました。このような「振り返り」を言葉にすることによって、自分の内面を深く見つめることができ、一人で悩むよりも気持ちや状況を整理することが容易となります。これが、メンタルを整えることにつながっていくのです。
5月目継続契約(ステップ5)
メンタルトレーニングを開始した当初から女性は、「テニスノート」を書いていらっしゃいました。このテニスノートは自由に思うところを書いてくださいと女性にメンタルトレーナーからお話ししただけで、メンタルトレーナーに提出して頂くものではありません。このノートをベースに、女性とメンタルトレーナーでこれまでの成長の成果等を具体的に確認する作業を行い、翌月の契約期間満了までに何をトレーニングするか等の課題について、一緒に考えさせて頂きました。
6月目継続契約(ステップ6)
5月目に行った6か月の契約期間満了までに実施すべき課題に対するメンタルトレーニング等を受けて頂きました。また、女性が一番習得を望まれていた本番におけるプレッシャー時の対応に有効なメンタルトレーニングスキルの最終的な落とし込み(完全に自分のものにする訓練)をして頂きました。
結果-女性は当初の契約期間である6か月で今回のメンタルトレーニングを終了なさいました。20代の女性にとってメンタルトレーニングの費用は安いものではないからです。メンタルトレーナーとしても最初にそのお話を聴いておりましたので、6か月で結果を出して頂くことと、契約期間満了後にもお一人でセルフメンタルトレーニングが可能となるようなトレーニングに努めてまいりました。
女性はメンタルトレーニングを終える頃には、以前は1セット当たり4回ほどダブルフォールトをしていたものが、1回程度で抑えられるようになりました。また、今回のメンタルトレーニングを通して、どれだけテニスが自分にとって大切なものであるかを再確認でき、今後もテニスとセルフメンタルトレーニングを続けていくとのお話でした。