〖休職・職場復帰者向け〗再発、再休職を防ぎたい

〖休職・職場復帰者向け〗再発、再休職を防ぎたい

【ケース:メンタル不調による休職を乗り越え、元の職場に復帰した30代男性からのご相談】

毎日の残業、意地の悪い上司からの理不尽な要求に応えようと一生懸命仕事をこなしてきたが、そんな環境が半年ほど続いた頃から、深酒、不眠、食欲不振など、生活習慣の乱れや体調不良に悩まされるようになった。そこで家族の勧めもあったことから渋々メンタルクリニック(心療内科・精神科)に行ってみたところ、抑うつ状態との診断を受け、加療のため会社を休職することになった。状態が安定した休職後3か月目くらいから復職リワークにも通い始め、復職、仕事復帰の道が見えてきたが、実際に会社に戻った時の再発防止のため、これから同じ会社で長く勤務を続けるため、何か役に立つことがひとつでもみつかればいいだろうと思って、ダメ元覚悟で最近耳にするメンタルトレーニングを試すことにした。

☆期間・報酬(消費税抜き)
期間:9か月間(1週間に一度のペースで36回(45分/1回))

報酬:450,000円(1月あたり50,000円。45分のメンタルトレーニングを全36回)

※当オフィスの概要やメンタルトレーニングに関するご説明の時間に、料金は発生いたしません。

ステップセッショントレーニング・プログラムの内容等
1回目ガイダンスまずは当オフィスの概要や提供できるメンタルトレーニングに関する簡単なご説明等をさせて頂きました。講演会等の教材のレジメを用いて、メンタルトレーニングの基本と概要等についてレクチャーさせて頂きました。
ガイダンス後、今後メンタルトレーニングを実施するか、期限はいつまでにするか等、基本的な事項を男性とメンタルトレーナーとで協議した結果、メンタルトレーニングを受けてみることを男性はお決めになられました。
1月目
 ~
3月目
継続契約(復職前)
心理療法(カウンセリング)のひとつである認知行動療法を学んで頂きました。認知行動療法は、何か困難にぶつかったときに、それに向き合い、乗り越えていけるようなメンタルの力を育てる方法です。復職後に職場で感じた久しぶりの仕事への不安感や新しい職場環境に対応するために有効であったとの感想を男性から頂きました。
4月目
 ~
6月目
継続契約(復職当初)
この期間は、職場に毎日、定刻に出勤できるメンタルや体力を維持することにメンタルトレーニングを活かしたいとのご要望が男性からありましたので、睡眠の質を向上するためのアロマセラピーや身体の回復を促すためのイメージトレーニングの体験等をして頂きました。また、認知行動療法のスキルを活用することによって、職場で生じた問題等の解決策を男性とメンタルトレーナーで考え、男性は職場で解決策をひとつずつ試されていきました。
7月目
 ~
9月目
継続契約(復職後)
復職後3か月が経過したこの頃から、男性の仕事もリハビリ的な軽微な作業から以前に担当していた業務の事務処理など、少しずつ仕事の負荷が増してきました。複数の仕事を同時進行しなくてはならない時などのこれまでと違った場面でも、いつもと同じように仕事に取り掛かれるよう、自分のレディネス(心身の準備状態)を整えるためのスキルであるポジショニング(絶対的安定姿勢。自分が一番安心、安定できる姿勢)を詳しく紹介させて頂き、職場で実行して頂きました。
また、この期間中も様々な課題や問題が男性に生じましたが、当オフィスのメンタルトレーニングで男性が習得しつつあった目標を達成するための行動・感情・ミッション(使命)のマネジメントに関する考え方やスキルを活用して、男性は自らこの課題等を解決していかれました。もちろん、メンタルトレーナーも要所要所で心理的サポートをさせて頂いておりました。
結果-男性は、復職前3か月間、復職後6か月間のメンタルトレーニングを継続なさりました。6か月間継続して会社に出勤し、仕事を続けられたことが大きな自信となり、「メンタルトレーニングを受けたことにより、今後も何とか自分で困難を解決できる方法が見つけられる」と思われたそうです。ただ、たまには弱音や悩み等を信頼できるメンタルトレーナー・心理カウンセラーに聴いてほしいとのお考えから、カウンセリングを1か月に一度程度の頻度で当オフィスにおいて受けたいとのご依頼を頂きました。